医薬品を使用する

female

薄毛と言えば男性で多い症状の一つですが、近年では女性でも薄毛がコンプレックスで悩んでいるという方が多くいます。女性の薄毛の治療方法としてはハーグ療法やメソセラピーなどが有名ですが、それ以外に医薬品を用いた治療方法なども存在しています。医薬品を使用した治療方法ではまず専門のクリニックで検査を行い、そして適用量の医薬品を処方して服用治療を始めていきます。そのため医薬品で薄毛の治療をしようと思うなら必ず専門のクリニックへ検査をしに行く必要があります。処方される医薬品としては最も有名なものにパントガールがあります。パントガールは女性専用の薄毛治療薬で、AGA治療薬のフィナステリドのように服用性別が決まっています。パントガールは女性専用で、女性だけが服用することが出来る医薬品になります。パントガールは女性の薄毛として多いびまん性脱毛症に効く医薬品であり、3ヶ月の服用で70%の治療効果が得られるとされています。
パントガールにはチアミンやパントテン酸カルシウム、薬用酵母やL-システンなどが含まれていて、フィナステリドに比べるとより髪の育成に注目された医薬品になっています。そもそもびまん性脱毛症は頭皮のターンオーバーが正常にできていない状況で、毛母細胞に適切に血液が供給されていないという状況になります。そのため医薬品と言ってもきちんとターンオーバーを促進させるだけで大きく改善することが出来ます。そのため医薬品にしては副作用が少ない、また今のところ症例として報告されていないという安全レベルが高い事でも知られています。ただし勿論副作用がないわけではなく、これから新しく発見されることもある可能性も考えられます。パントガールは専門のクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、個人輸入代行などでも手に入れることが可能です。しかしながら副作用の事もあるため必ず検査は必要になってくるでしょう。
パントガール以外も専門のクリニックでは処方することがあります。例えば代表的なものに漢方薬があります。漢方薬に関しては飲み合わせに関して柔軟性が高いため、パントガールと一緒に処方されることもあります。漢方薬には柴胡加竜骨牡蛎湯や大柴胡湯などが含まれている事が多いです。